神戸YMCAの紹介

あゆみ

YMCA(Young Men's Christian Association)は1844年ロンドンで誕生して以来、全世界に広まり、 現在では世界119の国と地域に組織された国際的青少年団体です。
神戸YMCAは1886年に設立され、西宮、宝塚、三田、須磨、三宮、西神、明石を拠点に活動を展開しています。
YMCAは地域のニーズに応え、生涯にわたる学習、語学教育、国際理解教育、幼児教育、野外活動、健康教育、 ボランティア活動等を通じて青少年の人格向上とその精神・知性・身体の調和と発達を願い、キリストに示された愛と奉仕の生き方を分かち合うことを目的とし、民間の非営利公益法人として活動しています。

神戸キリスト教青年会(神戸YMCA)は、1886年(明治19年)に若いキリスト教信者や牧師によって「神戸基督教徒青年会」として設立され、地域の人々にキリスト教を基盤とした文化や教育の活動を始めました。
その後「財団法人神戸市基督教青年会」(1909年(明治42年)財団法人設立認可)、「財団法人神戸キリスト教青年会」(1975年(昭和50年))、「財団法人神戸YMCA」(2006年(平成18年))、公益財団法人神戸YMCA(2011年(平成23年))と名称は変っていきます。
また、「学校法人神戸ワイエムシーエイ学園」(1964年(昭和39年))、「社会福祉法人神戸YMCA福祉会」(1988年(昭和63年))と、新たな法人も設立していきます。
しかし地域の人々からは設立当初から「神戸YMCA」として親しまれ、智・徳・体にまたがるYMCA運動と様々な活動を展開しています。