y

ホーム > ボランティア

ボランティア

YMCAのボランティア

YMCAでのボランティアは、あなたの「人生を変える価値」となります。
これまでもYMCAのボランティアは、それぞれの才能を発揮し、子どもたちの指導や、行事のサポーター、寄附を募るファンドレイザーなど、様々な場面で活躍をし、世代を越えて、老若男女、多様な人々が仲間として集っています。

YMCAのボランティアは
・様々な活動から、興味や特技に合わせて選択することができます。
・1回だけの活動、季節ごとの活動、年間を通しての活動など、関わり方も多様です。
・新しい仲間との出会い、新しい自分との出会いを通して、より豊かな人生へと広がっていきます。

ボランティア最初の一歩

YMCAでのボランティアを始めるには・・・

・YMCAの担当職員をお訪ねください。お話を伺い、詳細な説明をさせていただきます。
・難しいことはありません。まずは「やってみよう!」という気持ちが何よりも大切なスイッチです。
・できることを、できるときに、できるだけ

YMCAは皆さんとともに活動できることを楽しみにしています!

ユースボランティアの声

私は小学生の頃、YMCAのキャンプに参加していました。

大学生となった今、その頃の楽しさを思い出し、ボランティアリーダーとしてYMCAで活動を始めました。活動内容は、幼児さんから小学生を対象とした月に1度の野外活動、また長期休暇中のキャンプが中心となっています。活動をしていく中で、なんども悩むことはありますが、子どもたちの笑顔はそれを忘れさせてくれます。そればかりでなく、子どもたちに教えられることも多く、共に成長することのできるこの活動に、私は誇りを持っています。

大学では学べない貴重な体験ばかりの魅力溢れる活動です。ここでしか出会えない最高の仲間と一緒に活動しませんか?

社会人ボランティアの声

西神戸YMCA学園都市では、多くの社会人ボランティアも活躍しています。僕は社会人として働きながら、月に一度の土曜日に、障がいのある子どもたちへのサポートプログラムに関わっています。また毎年夏休みに行われる学童保育のキャンプでボランティアをさせていただいています。自分のできることを、自分のできる時に発揮する、というのもYMCAのボランティアの魅力だと感じています。社会人ボランティアは、社会で経験があるからこそ、そこで培われた能力を発揮できることがあると感じます。

こんな仲間の輪がさらに拡がっていくようにと願います。

ワイズメンズクラブの声

ワイズメンズクラブは、YMCAをサポートし、より良い社会を創り出そうと、アメリカのオハイオ州で1920年に始まったクラブです。たちまち世界に広がり、現在では70か国、1580のクラブが展開し、30,395名が活動しています。
神戸学園都市ワイズメンズクラブでは、地域の方のためのコンサートを計画したり、YMCAのユースリーダーを支援するためにファンドレイジングを展開しています。また秋に行われるYMCAのバザーやチャリティーランでは、お餅つきを行っています。様々な人との出会いの中で、人生がこれまでとは違う輝きを放つ、そんな機会が得られます。どんな方でも大歓迎です。ぜひともにワイズライフを楽しみましょう!

詳細はこちら→ワイズメンズクラブ国際協会西日本区公式ホームページ

ページのトップへ戻る