y

ホーム > コンセプト

コンセプト

YMCAとは

Brand2

Young Men's Christian Associationの略で、キリスト教青年会と訳されます。

1844年にロンドンで誕生し、現在では世界119の国と地域に広がり、国連のNGO(非政府団体)の一員として、国際協力、難民救済などでも活躍しています。

キリスト教精神に基づき、交わりと協力とにより奉仕の精神を養い、すべての人びとのSpirit・Mind・Body(精神・知性・身体)の調和のとれた発達をはかり、民主的社会の発展と世界平和に寄与する目的をもって活動する国際的な非営利・公益団体です。

神戸YMCAは、これらの働きを神戸(兵庫)の地で行なうべく、1886年(明治19)に創設されました。公益財団法人神戸YMCA、学校法人神戸YMCA学園、社会福祉法人神戸YMCA福祉会が認可を受けて様々な活動に取り組んでいます。

Vision

互いを認め合い、高め合う

「ポジティブネット」のある豊かな社会を創る。

「ポジティブネット」 Positive Net

互いの存在や個性を認め合い、高め合うことのできる、善意や前向きな気持ちによってつながるネットワークのこと。

課題の多い社会のなかで、それは、生きるためのひとつの選択肢となっていく。私たち日本のYMCAは、グローバルなネットワーク基盤を活かしてポジティブネットを広げ、希望あるより豊かな社会を創ります。

Value

したい何かがみつかり、誰かとつながる。

私がよくなる、かけがえのない場所。

みつかる   つながる   よくなる

Encounter   Connect   Transform

Personality

心をひらき、わかち合う。

前向きで、まわりを惹きつける

魅力を持つ。

西神戸YMCAのコンセプト

西神戸YMCA学園都市は、地域(学園都市)の街づくりに合わせて、1988年に開設いたしました。子どもたちから大人の方まで、すべての人々が自分らしく心と身体を育み、いのちを輝かせることができるようにとの願いをもって活動しています。

プールやマシンルームなどを備えた「ウエルネスセンター」、学童保育クラブや高等学院などの活動を展開する「西神戸ブランチ」、「幼保連携型認定こども園神戸学園都市YMCAこども園」、「児童発達支援事業YMCAおひさま」で構成されています。

YMCAでは活動を通して、次のことを学びます。

「自分のいのちとみんなのいのちを大切にすること」

「家族、地域のひとりとして責任があること」

「世界と地球を見つめ、考え、行動すること」

「ボランティア精神とリーダーシップを身につけること」

「すこやかな心とからだを育むこと」

ページのトップへ戻る